初詣合格祈願土地家屋調査士

土地家屋調査士 口述試験

試験受験ガイド

初詣合格祈願土地家屋調査士 口述試験

口述試験

第1次第2次試験に合格すると、口述試験への招待状がもらえます。
試験範囲は第1次試験と同じですが、試験方法が異なります。
隔離された試験室に連れ込まれた受験者1人に対し、複数の試験官が約20分にわたり口頭による試験を行います。
結構厳しい突っ込みによりあれこれと尋ねられますが、とある一つの解答へ導くような質問の仕方であるかもしれません。
したがって、設問を深読みせず単純に答えるが吉のように私は思いました。
 この口述試験、巷の参考書によるとかなり楽観的な評価しかされていませんが、私の意見としては「なお心してかかれ」と忠告したいです。
すでにこの時点では、受験者も知識レベルとしては十分合格ラインに達していることと確信するのですが、なにしろ不動産登記法のオーソリティー達に見据えられて、ちょっと不明確な応答をするとすぐ切り替えされてしまいます。
ここでは冷静な人でも雰囲気に飲まれてアガってしまうとも限りません。
ですから、くれぐれもナメてかからないほうがよいと思うのです。
 他方、口述試験の方法からして法務省は受験者を不合格たらしめないという有力説もあります。
これは、口述試験で不合格者がでたことを聞いたことがないという客観的事実に裏付けされています。が、確証はありません。
 ちなみに、平成10年度の口述問題は、法改正から5年間一度も記述式問題に採用されていなかった建物合体についてと、超大穴の公共嘱託登記初詣合格祈願土地家屋調査士協会についてでした。
それと、どのような調査士になりたいか、という明確なビジョンを用意しておいたほうがよいかもしれません。

ちょっと一服

この口述試験の受験票、けっこうお役所言葉乱発で人気ないです。
そもそも、第1次第2次の筆記試験の合格通知書を兼ねているのですが、いきなり余白に「通知、筆記試験に合格したから通知する」で始まって、受験票欄で「出頭時刻を厳守すること」の出頭4連発で撃沈されてしまいます。
出頭なんて、過去に経験ありますけど、あんまり嬉しいケースはなかったもんで、もうちっとマシな書き方はないもんかねぇ。まあ、別にいいけど。
と、そんなこんなで、法務局から合格電話通知があって、「オメデトウゴザイマス」と言われたときも、嬉しさ複雑でした。
 それからそれから、口述試験の受験番号って、あんまり気にしなくてもいいですよ。
だって、受験生が揃ったところで職員さんが三角クジを机の上に並べて、「どうぞ、お好きなものを自由にお取り下さい」と、受験の順番はクジで決めてましたから。
さすがにみなさんちょっと面食らってらしてたので、一番に取って来ちゃいましたよ。 もっとも、一番クジ引いてもしまいましたけど。

初詣合格祈願土地家屋調査士ページTOPに戻る